HOME > 日記

ひさしぶりの更新

1年以上放置状態でしたが、日々のパソコンサポート備忘録も含めてチョコチョコ更新していこうと思います。

今回は、嫁のママ友からのご相談。


電源を入れると「次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windowsを起動できませんでした:\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM」って表示されてWINDOSが起動しないとのこと。

これって結構ある起動時のエラーですよね。

手っ取り早いのは「リカバリ」です。

でも、今回は中古PCでリカバリCDが無いということ・・。

ちょっと面倒な作業ですが、バックアップから壊れたレジストリをコピーして、エラーのところに貼り付けることに。

今回は
C:\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM
C:\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SOFTWARE
C:\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SAM
C:\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SECURITY
C:\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\DEFAULT
この5つのファイルの復旧。

作業するには何種類か作業する方法があります。

リナックスで起動して、コマンドで操作する方法。
DOS経験であればそれほど難しいものでは無いと思います。

あとは、HDDを取り外して別のPCに取り付けて操作。

この場合、「System Volume Information」フォルダにアクセスしなくてはいけないのですが、保護されていて普通にはアクセスできません。

このフォルダのプロパティからアクセスできるようにセキュリティを変更。

最新の「RP●●●」を探す。
「snapshot」> 
○_REGISTRY_MACHINE_SAM
○_REGISTRY_MACHINE_SECURITY
○_REGISTRY_MACHINE_SOFTWARE
○_REGISTRY_MACHINE_SYSTEM
○_REGISTRY_USER_.DEFAULT
をどこか適当なところにコピー。

それぞれを
○SAM
○SECURITY
○SOFTWARE
○SYSTEM
○DEFAULT
にリネーム。

それを壊れたHDDの
\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG にコピー。
コピー前に一応バックアップしてね。


これで、HDDを元のPCに戻して電源を入れると問題なく「起動」しました。

レジストリ操作なのでかなり慎重に作業をしますが、1時間もあれば確実に終わります。パソコンが2台無いとか、外したHDDを他のPCにつなげる手段が無いという場合は、ドットウェブにサポートをご依頼下さい。

※書かれている内容を実行する場合は、自己責任でお願いします。いかなる損害も当方は一切の責任を負いません。

  • 2009年06月06日(土)00時38分
  • 日記

パソコンが起動しない

起動するとセーフモード選択画面が表示され、どのモードを選択しても再起動してします症状です。

セーフモードでも起動しないのであれば、リカバリで買ったときの状態に戻すのが一番です。

今回はリカバリ後、メール・プリンタの設定を行いました。

リカバリ後は当然、正常に起動します。アプリケーションのインストールも含めて作業時間2時間で終了しました。

  • 2007年11月22日(木)21時36分
  • 日記

ディスプレーが暗くなる

起動後、数分でディスプレーが暗くなってしまう症状です。

このような状態になってしまったので、札幌の自作PCショップで新しいPCを購入。不具合が出たPCから新PCにデータ移行をしてもらった際に、「ハードウエアには問題なさそうです。リカバリで障害が改善される”可能性”があります。」と言われたとのこと。

この話だけを聞けば、明らかにハードにトラブルがあるのではないかと思います。

しかし、リカバリを強くご希望されたのでリカバリを実行いたしましたが、やはりトラブルは改善されませんでした。

ディスプレー関係は概ねハードのトラブルだと思います。ハードウウエアの修理の対応はドットウェブでは行っておりませんので、予めご了承下さい。パソコンメーカに修理依頼されることをオススメ致します。

  • 2007年11月21日(水)13時00分
  • 日記

ウイルスバスター2008

最新のウイルスバスター2008にアップデートしてから2週間ほど経ちました。メーカーサイトによるとメモリ依存度が50%減との事ですが、まぁ多少パソコン起動時のスピードが速くなったような気はしますが、ウイルスバスター2007とさほど変わらないような気がします。

逆にメーラーを立ち上げてから受信ボックスを閲覧しようとするときには以前より遅くなりました(苦笑)

滝本のメーラーも仕事柄、起業当時からの送受信メールは一切削除していなく、数千通のメールデータがあるので一般の方より重いのかもしれませんが・・・

  • 2007年11月12日(月)02時12分
  • 日記

パソコンが重い

パソコンが重いのでどうにかしてくれ、というご相談を頂きました。

パソコンを高速化するソフトなどもありますが、そのようなソフトを使用しても劇的に、動作が改善されることはほとんど無いと思います(滝本の経験上)。

パソコン内に消えては困るソフトやデータが無いのであれば、リカバリをオススメしています。これ以上の最適化はないと思っています。

今回のご相談者も、特に残すデータもソフトもないとのことですので、リカバリしました。富士通製のパソコンでしたが、リカバリとソフトのインストールなどで約2時間弱で完了します。

  • 2007年11月05日(月)15時31分
  • 日記

livedoorブログ

ブログを開設したが、デザインの変更、記事の投稿・修正方法が分からない。というお問合わせを頂きました。

パソコン初心者には、難しいかもしれませんね。

一応、書店で無料ブログの本を購入しチャレンジしたみたいなのですが、よくわかないということでした。

一通りの操作方法をレッスンし、分かっていただけたようです。

このようなサポートも受付けておりますので、お気軽にご相談ください。

  • 2007年11月03日(土)15時19分
  • 日記

アダルトサイトの請求画面

パソコンを起動するとデスクトップにアダルトサイトの請求画面が表示される、というお問い合わせを頂きました。

過去にも、10件ほどご相談を頂いた記憶があります。

この手のプログラムは、ウイルス対策ソフトでは対応できない場合があります。今回の事例も、最新のウイルスバスターがインストール済で、特に警告が出ることは無かったとのことです。

これらは、アドウエアと呼ばれるもので、駆除するには手動でプログラムを削除するか、駆除ソフトウエアをしようするか、もしくは請求画面が表示された日付が分かるようであれば、「システムの復元」で請求画面が表示された日付より以前に戻すことで、プログラムを削除することが出来る場合があります。

「システムの復元」を実行しても、症状が改善されない場合はドットウェブにご相談下さい。

パソコンに詳しい方はこちらをお試し下さい。
1、ファイル名の特定(請求画面が表示された状態でタスクマネージャ起動)
2、そのファイル名を検索
3、通常は.exeと.datファイルが見つかるので先に.datを削除
4、再起動後、.exeを削除
5、レジストリエディタを起動し、1で特定したファイルを検索し削除。

レジストリの操作は、パソコン上級者向けです。

ちなみに、請求画面には脅しっぽいことが書かれていることが多いですが、個人情報が漏れることはありません。

ただ最近は、アドウエアと同時にスパイウエアもインストールされ、メールアドレスを盗み出し、メールに請求書を送ってくることもあるようです。ウイルス対策ソフトが入っていれば、情報が外部に送信されそうになった時に、警告が出るはずです。警告が出た場合は、外部への送信を拒否しましょう。

  • 2007年10月19日(金)13時00分
  • 日記

キーボードが変

ノートパソコンのキーボードで、例えばNを押すとUNとタイプされたりする。というお問い合わせを頂きました。

恐らく、キーボードの故障では無いかと思います。

外付けのキーボードを付けてどうなるか試してみるのも手だと思います。これで普通に入力されれば、ノートパソコンのキーボードの不良でしょう。

外付けのキーボードでもおかしければ、パソコン自体の故障と思われます。

手っ取り早いの、リカバリして状態が分からなければ、間違いなく故障です。メーカー製のパソコンであれば、メーカーに修理依頼されるのがよいでしょう。

ドットウェブではハードの修理は行っておりません。ご了承下さい。

  • 2007年10月18日(木)23時09分
  • 日記

非互換のイメージが使用されました。

このエラーはVAIO特有のものかも知れませんが、リカバリ中に「非互換のイメージが使用されました。」と表示され、リカバリが失敗してしまいました。

リカバリに失敗したということは、ウィンドウズも起動せず最悪の事態です。

VAIOサポートによると、ノートパソコンでCD-RWドライブ搭載機で極稀に発生するエラーのようです。この場合、メーカーは何か保証するのでしょうか。

このエラー解決の為に、現在も進行中です。解決されましたら、また報告したいと思います。

  • 2007年10月12日(金)15時59分
  • 日記

お預かりしたデータの処分方法

データ救済の際に、お客様が復元する為のハードディスクがない場合は、ドットウェブが持ち込んだハードディスクに一時保存し、お客さまの復旧したパソコンのハードディスクなり、DVDなどのメディアに入れてお渡ししていますが、ドットウェブが持ち込んだハードディスクに一時保存されたデータは、その場でお客様確認の元、削除しています。

企業様の場合、社外秘データなども多く、滝本としてもトラブル防止の為、必ず削除してから作業終了としています。

ドットウェブでは、復元一時保存用のハードディスクを用意し、復元完了後削除するのですが、普通に削除しただけでは残留磁束が残っている可能性がありますので、空のハードディスクをさらに「アメリカ国防総省」規定の方法で完全抹消いたしておりますので、復元データが流出することはございません。ご安心下さい。

  • 2007年10月05日(金)16時36分
  • 日記

ページ移動